恋詠月

こいよみづき【登録タグ: ふゆP 鏡音リン
作詞:ふゆP
作曲:ふゆP
編曲:ふゆP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • ふゆP の6作目。
  • 前作に続いて月をモチーフにした曲。
  • 美麗なイラストは natsu氏 が手掛ける。

歌詞

朧(おぼろ)な空 吸い込まれそうな憂鬱
翳(かげ)る心は虚ろで
隣にいた私が還る処(ところ)は 彼方の星がいいな

思い返す日々はいつも優しくて
嘘でもいいからもう一度触れたい

約束の月の下 舞い散る此花(このはな)
水鏡に映る瞳 幽(かす)かに揺れている
恋の雫彩(しずくいろ) 詠うは想いの綾
会えなくなってしまうけど ずっと側にいるよ

二人ぼっち 羽根が片方なくなり
私は見下ろすだけ
淡い薄紅が見せる 丘の上の蜃気楼

どうかこの手にある絆消さないで

約束の月の下 舞い散る此花(このはな)
水鏡に映る姿 幽(かす)かに揺れている
恋の雫彩(しずくいろ) 詠うは想いの綾(あや)
届くのなら貴方にこの言霊(ことだま)を届けて

好きでいてくれたこと
いつまでも 忘れない

約束の月の下 舞い散る此花(このはな)
水鏡に映える光 幽(かす)かに揺れている
恋の雫彩(しずくいろ) 詠うは想いの詩
会えなくなってしまうけど ずっと側にいるから

コメント

名前:
コメント: