涙のウィニングボール

なみだのうぃにんぐぼーる【登録タグ: NexTone管理曲 ハヤカワP 初音ミク

作詞:ハヤカワP
作曲:ハヤカワP
編曲:ハヤカワP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 自分の中の「タッチ的な何か」を形に。芹澤廣明氏の全ての音楽に敬意を表します。(作者コメ転載)
  • 今作では 初音ミクAppend の soild と soft を使用。
  • イラストは 梟。氏 の描き下ろし。

歌詞

歓声に沸くスタジアム 陽射しが肌を焼く    
「この夏が 最後だから」あの日君は呟いた

「絶対、なんて言えないけど…」うつむいたままで君は
「試合(ゲーム)が終わったら…」言いかけた言葉
ワタシ あの日 恋を知った…なのに!

外野席から叫んだ I LOVE YOU  かき消したサイレンが哀しい
運命はとても残酷で
君の名前はボードにないまま ワタシのエースはもういないのね
涙がこぼれた
君は 遠く

夕暮れのスタジアム 君の影を追って
片隅に転がったボールが夏を終わらせる

約束したよね いつかきっと ワタシを連れて行くって
言葉は今でも 胸の奥に 深く 強く 刺さったまま
「嘘つき」

運命の悪戯が終わらせた 二人の恋はコールドゲームで
ハートのエースが泣いている
呼吸を止めたワタシのロンリネス 恋のマウンドは君だけのもの
涙で埋まった
君が いない

約束したよね いつかきっと ワタシを連れて行くって
言葉は今でも 胸の奥に 深く 強く 刺さったまま
「嘘つき」

強く握り締めたユニフォームに 綴られた名前が愛しい
ハートのエースは君のもの
今は誰もいないスタジアム 真夏の雨が洗い流した
涙のウイニングボール
君に 捧ぐ

コメント

  • タッチへの愛が伝わる -- 名無しさん (2010-06-30 12:18:51)
名前:
コメント: