ひらり > CCC

【登録タグ: CCC 巡音ルカ

作詞:CCC
作曲:CCC
編曲:CCC
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • 爽やかにしようとしたのにツーバスをやってしまった。反省はしてない。
    ハモリ援護はうちのリンです。
    聞いていって下されば嬉しさで涙ちょちょぎれます。(作者コメントより)

歌詞

ピアプロより転載)

ひらりと舞う 風が廻る
木葉の衆 釣られて廻る
道端では 塵が踊る
所狭しと 塵が踊る

朝昼夜 絶え間は無く
人は群れて 蠢き喚く
喧騒さえ 踊りの邪魔で
塵の衆が 文句を溢す

人の歩薙でる旋風(つむじかぜ)
道を空けましょう 荒ぶは彼の息


咲き乱れ 艶やかに ひらり ひらりと風
蒔くは人の華 ひとたび咲けば現包む     
踊り狂え 華麗に ひらり ひらりと風
夢に幻に世に人 全て捲いて


空は嗤う 滑稽だと
風は笑う 逸楽だと
ひらりと飛ぶ 木葉の衆
ひらりと転ぶ 道塵の衆

枯れた声で 街を唄う
錆びた腕で 音色を鳴らす
風は叫び 声に絡む
囀り遊び また廻り出す

人の頬撫でる涼風
道を行きましょう 歩くは彼の中 


咲き乱れ 爽やかに ひらり ひらりと風
無情の天風 暴れて 空廻る
踊り狂え 優雅に ひらり ひらりと風
暁に闇に世界の狭間 総て


永久に 廻れ ひらり ひらりと風
共に踊る刹那の夢 さらばして


咲き乱れ 艶やかに ひらり ひらりと風
蒔くは人の華 ひとたび咲けば現包む     
踊り狂え 華麗に ひらり ひらりと風
夢に幻に世に人 全て捲いて


ひらりと舞う 風が廻る
木葉の衆 散りて消える
道端では 塵が転ぶ
所狭しと 塵が転ぶ

朝昼夜 絶え間は無く
人は群れて 蠢き嘆く
喧騒が今 踊りの曲で
風の衆が 温もり零す

コメント

名前:
コメント: