MOTHER MARS(夏日星)

【登録タグ: M ブンガP 初音ミク

作詞:ブンガP
作曲:ブンガP
編曲:ブンガP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 火星殖民の歌です。江差追分にインスパイアされました。(投稿者コメントより)
  • 夏日星とは、火星の別名。
  • アルバム『SAPIENTIA STELLAE』収録曲。
  • アルバムバージョンは9分超だが、動画バージョンはショートバージョンということで4分超。
  • 初音ミクAppendを使用している。

歌詞

夢に出てくる青い惑星を掌(たなごころ)に浮かべてる
ため息に曇ってく空 目を覚ます頃

赤く染まる風が吹いてる 故郷の星
いつか離ればなれの 二つの月が描(か)いた
凍てつく軌道が 曲げられるというのなら
ほかの全てをなくしたってかまわないわ・・・

あなたが見上げてる 赤い惑星(ほし)で歌ってる
私が手を伸ばす 青い惑星(ほし)に捧ぐ祈りの歌

届くはずもなく 色あせてく
青い地球に焦がれてる 一人ぼっちの赤い星

霞んで消えてく 雨上がりの草の匂いや
夕暮れ時の鳥の声
二度と帰れない あの惑星(ほし)の記憶を失くした
私の故郷は 夏日星


コメント

名前:
コメント: