Skyscraper Ver'BlueSky


作詞:(きれいな)サ骨P
作曲・編曲:お●●P(京都菓子的な意味で)
唄:鏡音レン

歌詞

(ピアプロ内釣り師Pさんのページから転載)

永遠に止まらない
摩天楼を吹き抜けていく風が
朝の空気を白く染め
一人颯爽と突き抜けていく
人気(ひとけ)のない朝のコンクリートの群れ

雲一つもない空は狭く
溢れていく 日差しがビルの壁に
ゆるく増える人の波の中
飲まれていく もがきながら

もう誰も止められない
迸る熱いものが加速してく
風のように波に乗れる
駆けのぼるよビルの壁
ガラス窓を踏んでいくよ
この街を昼に染めて

走り続けている
目的地はないけれどひたすらに
世界は変わっていくから
どんな悩みも吹き飛んでいく
輝く地平線 拡がる視界

空が ああ ゆっくり動き始める
溢れだした 情熱 熱く燃える
寄せて返す人の波に乗り
刻んでいく 8ビート
このメロディ

黄昏訪れ灼け落ちる空に
猛り叫んだ魂の言葉
闇雲穿って世界を駆け巡るよ

止められない
迸る熱い気持ち加速してく
あの街を昼に染めて
風の詩が波に乗りきみのもとへ
見えてきたよ夜の果て追い払って
薄れていく絶望も消えていくよ
駆けのぼるよビルの壁
力強くガラス窓を踏んでいく
いつかきっと
この世界を塗りかえる光放つよ

It is the imagined blue sky.
To see the spectacle, I sing.

コメント

  • かっこよくて綺麗な曲ですねぇ~♪ -- 名無しさん (2008-09-15 09:06:15)
  • こっちはこんな綺麗な世界なのに…向こうで泣きながら爆笑した。 -- 名無しさん (2009-02-03 21:28:15)
名前:
コメント: