愛の歌

あいのうた【登録タグ: ぐへへP 初音ミク
作詞:ぐへへP
作曲:ぐへへP
編曲:ぐへへP
唄:初音ミク

曲紹介

おかえりなさい―感動を、ありがとう。

  • これは、「はやぶさ」へ捧ぐ、愛の歌。

歌詞

光、落ちたあの空へ、と―
響く音は、夜空の中―
此処は遠く、其処は近く―
星に落ちた、涙の音―

長い、長い旅の果てに 君は何を見てきたの?
ゆらり、ふわり、落ちる影を すぐに、すぐに捕まえるよ。

落ちた空に君の体温 ひとりぼっちは寂しいのかな?
落ちた空に星は上って 君は一人ではないんだよ。

僕が君に乗せた夢の欠片 その体は燃えてしまうけど。
ここで君の声を聴いてるよ だから安心して、おやすみ。

遠く、遠く、あの光は 君の姿映している。
赤く、白く、燃える夜空 ここで、ここで見守るから。

閉じた空に、君の光が 悲しいほどに美しくて。
落ちる君に思いを馳せて 僕は叫ぶ「愛の歌」を―

僕が歌に乗せた優しさも やがて君は忘れ、行くのでしょう。
君がくれたものに、ありがとう。 僕らは絶対に、忘れない。

「君には夢を、地球に願いを―」 ずっと、ずっと、忘れはしないでしょう。
君が空に描いた「さよなら」を― 僕らが叫んだ「ありがとう」を―

絶対に忘れはしないでしょう?

コメント

  • 全俺が泣いた 夢を、ありがとう -- 名無しさん (2011-09-21 20:01:53)
  • 同じく泣いた。 -- 名無しさん (2012-01-30 21:37:47)
名前:
コメント: