人願う、流る彗星

ひとねがうながるすいせい【登録タグ: ミツバチP 初音ミク

作詞:ミツバチP
作曲:ミツバチP
編曲:ミツバチP
唄:初音ミクAppend(vivid)

曲紹介

  • 「みんなの願いを一身に背負ってキミはどこまでも流れるんだ」

歌詞

ピアプロより転載)

一人塞いでいた真夜中午前2時。
空が明るくなり気になってドアを開けた
一人で歩く星空の散歩道
手を伸ばしたら掴めそうなくらいの流れ星たち

無数に流れてく夢のかけらたち
キラキラ光る無重力星空カーテン
願い事をしよう。あの大きな彗星に
僕を忘れないでとそっと願った

あぁ、一人ぼっちの僕は
このまま消えてくのかな?
なんて、返答のない問いを
星空に問いかける
星屑に浮かぶ彗星
僕の願いたくした彗星
消えずに流れる彗星
僕も連れてって・・・

あぁ、輝き続ける彗星を追いかけて
夜空へと飛び出そう不完全な世界へ
キミへリンクした僕は夢のかけらになり
鮮やかな終わることのない朝を迎えた

散らばって人々に願い届ける
そんなキミに僕もなりたいよ
そんなキミになりたいんだ
星屑に浮かぶ彗星
僕の願いたくした彗星
消えずに流れる彗星
僕もなれるかな?・・・

あぁ、輝き続ける彗星を追いかけて
夜空へと飛び出そう不完全な世界へ
キミへリンクした僕は夢のかけらになり
鮮やかな終わることのない朝を迎えた

あぁ、満天の星空へダイブしよう
怖くはない。怖くないよ。キミは受け止めてくれる
真っ暗な夜空に明かり照らすキミは彗星
さぁ、手つないで行こう。この思いを届けにさ。

コメント

名前:
コメント: