Acid Rainbow

【登録タグ: A おっホイP 初音ミク
作詞:おっホイP
作曲:おっホイP
編曲:おっホイP
唄:初音ミク

曲紹介

何年間も降り続く酸性雨。それが自分の「世界の終末」のイメージ。

  • 今回は、終末モノの短編SF的なストーリーを思いついたので、いつもとは少し雰囲気が違う歌詞とアレンジになりました。(作者コメ転載)
  • 今作は、初音ミクAppend の sweet・soft を使用している。

歌詞

この街をゆっくり溶かしてきた雨音が急に
途切れたことに気が付いて目が覚めたの

雲の隙間 覗いた星空 

赤い空と 浮かぶ雲と のぼってゆくおひさま
空は青に色を変える 光がさす

まだ濡れてる街が光っているよ

望んでもいいのかな?
明日もいいお天気だと
廃墟の街にかかる虹
ふわり 今 風が吹いたね

人の心の闇が曝け出された狂った日々
すべてを諦めた後の静かな日々

終わりを待つしかないと思ってた

信じてもいいのかな?
まだ未来はあると
廃墟の街が乾いてく
鳥の声 笑顔がこぼれる

希望の後の絶望は
きっと耐えられないよね

信じてもいいのかな?
まだ未来はあると
廃墟の街にかかる虹

明日のことはまだ
考えなくてもいいか
今この瞬間だけ
ただ 光 空 虹を見てるの

コメント

名前:
コメント: