桜咲くこの道で

さくらさくこのみちで【登録タグ: イカロスP 初音ミク

作詞:イカロスP
作曲:イカロスP
編曲:イカロスP
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

いつも歩きなれた この道で
少しだけ暖かい風に 髪がなびいている

自転車のカゴで揺れる筒を見て
伝えられなかった気持ち 思い出していた

出会ったときのこと あまり覚えていないんだけど
いつの間にか あなたを見ていた自分に気付いた

友達の1人が 特別な人になってた
だけど気づいたときには あなたにはあの子がいて
幸せな2人に 胸の痛みを覚えてた
息苦しくなるほどに あふれる想いに 鍵をかけていたの


制服のラインに 目をとめて 
袖を通すのも最後かな さびしい気がするよ

泣いてた後輩に 渡された第2ボタンを 
遠くから見つめてた 宝石のように輝いてた

校門であなたから 不意に声かけられたとき
くずれそうな笑顔向けて 必死にごまかしたんだ
もう一度振り向いて 顔を見たかったんだけど
涙 見せられないの 震える肩で 自転車を押していた

少しずつ 想い 忘れてくこと できるかな
また桜が咲くころには 笑って話せるのかな
ゆっくりと一歩ずつ この道を進んでいこう
少しだけ濡れた頬は 春風がやさしく 乾かしてくれるから

コメント

  • 切なくて泣ける歌詞 -- 名無しさん (2010-08-23 08:07:05)
名前:
コメント: