静かの海へ

しずかのうみへ【登録タグ: KAITO 凪唱P

作詞:凪唱P
作曲:凪唱P
編曲:凪唱P
唄:KAITO

曲紹介

  • どうか、どうか、とどきますように。
  • 凪唱Pのオリジナル曲2作目は、海辺でKAITOがピアノによる弾き語りをしているという設定の曲。

歌詞

ピアプロより転載)

海風の渡るみち 見えない影を追って
ひそやかな砂の音 せまる潮のけはい

目の前の景色は 果てなくひろがる、青。
晴れやかな光が きらめいて揺れる

小春日和の 穏やかな陽がさして
季節はずれに 波に手をひたす

過ぎ去った夜と月 かけがえのない手のひら
届かない声たちは どこへ向かうのでしょう

残されたものは 今はもう記憶のかたち?
どこまで行けば また会える? 水平線ははるか遠く


置き去りにされたのは ガラスのくつじゃなくて
だから約束なんて ありはしなかった

言葉と手紙と、ふるえる声と空白と、
――波打ち際の花束。

あなたがいない あたりまえに続く日々も
咲く花も沈む陽も足跡も いまは硝子の鈍色

忘れていたの? あたたかな場所 歌う空
わたしがここにいることも


涙はやがて 静かにうずもれて
光のない夜に こたえを見つけて
こぼれおちていく砂 戻らない欠けた思い
あるいていく

コメント

名前:
コメント: