消えない魔法

きえないまほう【登録タグ: ネクストP 鏡音リン

作詞:ネクストP
作曲:ネクストP
編曲:ネクストP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 消えないPによる消えないシリーズ…ではありません。
  • mikiオンリーコンピCD「CODE:FF00FF」にこの曲のmiki版が収録されている。

歌詞

明日と今日の間に出来た
小さな世界で きみはどこにいるの
渇いた夜に落ちた雫が
波紋を広げて 色が生まれてる場所

現実の裏側に作られるセット
いきなり途中から始まるストーリー
ありえない展開は楽しいけど
変だって気付いたら つまらなくなるんだ

一番明るい星をあげるから
ふたりだけの名前をつけて
どこかで道に迷って泣きそうな時も
白い光が君に いつだって届くように

涙の痕に気付いた朝は
昨日の君より優しくなれるでしょ
刺さった棘はいつか緩んで
最後にちくりと 痛んで抜けていくの

繰り返す演目は覚えてるけれど
ラストだけ変われば今日で終りかもね
進まない時はまた動き出して
キャストや街並みが姿変えてゆくの

消えない魔法をかけてあげるから
ほんの少し目を閉じていて
不安で眠れなくて沈んだ夜も
今の言葉ですぐに 君のそば行けるんだよ

君が覚えていれば どこでだって会えるんだよ

コメント

名前:
コメント: