宿した心に向き合えば

やどしたこころにむきあえば【登録タグ: コーチP 初音ミク 友場洋

作詞:友場洋
作曲:コーチP
編曲:コーチP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 誰かに愛されていた頃は、辛い別れを畏れて感情は要らなかった。
    でもずっと一人でいると、その苦しさすらも暖かかった日々を
    思い出す宝物・・すれ違い・・切なさ・・・。
  • 妖しくも切ない、不思議な唄をお聴きください。(作者コメ参照)

歌詞

ピアプロより転載)

私は誰かの作ったただの人形
心を宿すことなど無いと思っていた

言われるままに服を着て座っているの
時々髪をといてくれるあなたは、だぁれ?

触れ合い 温もり 新しい感覚が
ゆらゆら何かを 燈そうとしている

私は機械仕掛け (アイシテル)
思考はただの回路 (アナタ)
それならどうしてよ? この痛みはなに?

特別な感情など (アイシテル)
手にしたくなどないわ (アナタ)
ねえ、そうでしょう? 苦しさしか残りはしない・・・


私はあなたに愛されていた人形?
記憶を戻すことさえ許されはしない

言われるままに服を着て座っていたの
時々浮かぶ面影のあなたは、だぁれ?

懐かしい 狂おしい そんな言葉たちが
ゆらゆら何かを 見せようとしている

私は機械仕掛け (アイシテル)
記憶はただの記録 (アナタ)
それでも感じられる 確かな痛みで、、、

もう一度味わうの (アイシテル)
確かにある感情 (アナタ)
分かるかな? 苦しさすら宝物なの・・・

コメント

名前:
コメント: