覚醒罪

かくせいざい【登録タグ: Guity 巡音ルカ

作詞:Guity
作曲:Guity
編曲:Guity
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • Guity氏のボカロ7作目。
  • 後になってRerecording版が投稿され、更にこの曲の続編となる「完結編」が投稿された。

歌詞

夢と同じ
エモノが在る
目が覚めても
悪夢の継続

鏡に映る
私に似た人
誘うような目で
此方を見ないで

鏡を割れば
影が目を開く
逃れられない
凍て付く眼差し

夜が来るのが怖くて
冷たい針に縋る
家中施錠して
朝を待つ

誰にも決して言えない
抑え切れない衝動
私じゃないアレは絶対に
私じゃない

霧の向こう
虹の向こう
オーロラの向こう
スピードの向こう

割れた鏡に
幾千の私
囁く声が
反響して痛い

其方に行けば
幸せになるの?
心が揺れる
私は

目が覚めても悪夢なら
此処に留まる意味は?
全てを壊して
酔い痴れたい

怨念に取り憑かれて
冷たい針に縋る
私じゃないアレは絶対に
私じゃない

快楽に逃げ込んでも
この恐怖は消えない
破滅への足音が
聞こえる

指先同士が触れる
花園へ誘う指
冷たい針で見る甘い夢
もう返らない

悪い夢よ
血に塗れた
悪い夢よ
これで終わり

白い夜に
全て捧げ
私は逝く
悪夢の終焉

コメント

名前:
コメント: