墓場売買歌

はかばばいばいか【登録タグ: KAITO MEIKO カガミP

作詞:カガミP
作曲:カガミP
編曲:カガミP
唄:KAITO・MEIKO

歌詞

ぐるり ぐるり 目の前回る
あんよ おてては どこかにいった
墓中道中 向かうはあの世
閻魔の元へと 参る途中

「あんよが欠けては うまく立てぬ」と
「おててがなければ おきあがれぬ」と
嘆くように 歌ってみせれば
首なし尸が 墓上で笑う

「さても滑稽 おかしやおかし」
「見世物代でも 払おうか」と
降り落ちてくる 小銭が痛く
やめろ やめろ と噛み付いた

ごろり ごろり 無様に転ぶ
あんよ おてては いずこに消えた
墓中道中 向かうは彼岸
これではどこへも いけないか

「私の手足と 換えませぬか」と
「あなたの頭と 換えませぬか」と
嘆く顔上げて 仰いで見れば
首なし尸は 笑って言った

「わたくし此岸(しがん)に 行く途中」
「おもしろいものを 見た御礼に」と
歌うように 笑っているので
おうよ おうよと 受け入れた

いざ彼岸

頭 頭は すでに墓下
お目目も お耳も お口もなく
帰中道中の 向かうは現世
人の世へと 舞い戻る旅中

手のない尸が 墓場で嘆く
足欠け尸が 転んで嘆く
「そんなにあちらに 行きたいのか」と
腹を抱えながら 大笑い

「さても滑稽 おかしやおかし」
余った川の 渡し賃を
八つ当たりにと 投げてぶつけた
彼岸に行っても 何もない

消えた 消えた あの世は消えた
失せた 失せたよ 閻魔は失せた
迷いし 道中 向かうはこの世
どこにいこうとも 知るものか!

手足を換えようと もちかけたなら
頭と換えようと もちかけたなら
「おうよ おうよ」と 尸は受け入れた
そんなに あの世に行きたいか

わたくし此岸に 行く途中
あちらは あの世に行く途中
すれ違いざまに あざ笑え
行けば 行けば すぐわかる

さて此岸

コメント

  • 不気味さとリズムが癖になる -- 名無しさん (2010-10-07 04:56:50)
  • いざ彼岸 さて が -- 名無しさん (2010-11-14 10:06:27)
  • めーちゃんの声に虜になった -- 名無しさん (2010-11-15 14:32:55)
名前:
コメント: