VoiCe.-機械仕掛けのカナリア-

VoiCe.-きかいじかけのかなりあ-【登録タグ: GUMI V 負け犬P

作詞:負け犬P
作曲:負け犬P
編曲:負け犬P
唄:GUMI

曲紹介

  • 『思いの全てを切り刻んでは ぐるりぐるりかき回す』

歌詞

紡ぎ始めた 心の奥に潜む声
両手ですくい 空へと投げつける
言葉の意味を 瞳に焼き付けて

セカイはとても 嘘つきで正直
いつも頭の中
ぐるぐると 掻き回す

嗚呼 このまま私は
思いの全てを
切 り 刻 ん で は
ぐるり
ぐ る り
掻 き 回 す
嗚呼 こぼれた涙は
悲しみの歌に。
胸を焦がす思い
叫びに変え 唄い続ける

声を失くした カナリアが途方に暮れる
"もう だめだ" と―。
「僕が翼に今 魔法をかけてあげる」
"誰よりも 高く"

君は今 青空へと旅立った
新しいセカイをぐるりぐるりと見渡す

で も

あぁ セカイにあふれる溜息の渦に
巻き込まれるわ
ぐるり
ぐ る り
掻き回さないで…!!
言葉の花束を 投げ捨てて泣いた
"セカイはどうしてこんなに悲しみに溢れてるの?"

「嗚呼 太陽は何処に…?」

灰 色 の
雲の隙間へと 手を伸ばすのよ
焼けるような痛み
乗り越える為の痛み
さぁ全ての迷いを
全ての痛みを
背負って 強く
喉 が
枯 れ る
まで
唄うの 今は

ど う か
立ち止まらないで
あなたの涙は 私の声で
直ぐに
空 へ
掻き消すわ
空に浮かぶ雲の ひとつひとつが
天国まで上る日まで
唄い続けるの 今は

コメント

名前:
コメント: