Finale > フルーツ(笑)P

【登録タグ: F フルーツ(笑)P 巡音ルカ

作詞:フルーツ(笑)P
作曲:フルーツ(笑)P
編曲:フルーツ(笑)P
唄:巡音ルカ

曲紹介

君は僕、僕は君。

歌詞

ピアプロより転載)

薄明かり水面に
揺れている影
光 零れる波
いつしか 夢に
見ていた緑が懐かしい

浮かんでは消えて往く 僅かな記憶
それだけ頼りにして
君の場所へ辿り着けと
ただ願っていたのに・・・

ねぇ こんなにも美しく
こんなにも苦しい
僕らにも 生きていく
意味があったのかな?
差し引いたモノだけが
霞んでは 散って往く
あの物語

悪戯に笑った君の横顔は
掴んだら壊れてしまう
動かない手足
抱き締めて欲しくて・・・

-そうさ、君は僕、僕は君-

揺れ動き響いている
僕の泣き声
いつかの海の様で
僕もきっと君と同じ
空を見ていたかったのに

離れては近づいて
繰り返し往く事
感じては 傷付いて
傷付けて 果て逝く
風が止み 時が果て
僕の場所は何処にある?
抗う程に・・・

脆く作られた
黒い鍵盤は
蒼い旋律だけ散らばって
「ハジメマシテ」と言う 君の姿を見て
別れを残し眠りに就く・・・

苦く解けて往く
愚かな現実に
忘れかけていた感情
小さな太陽に 問い掛ける言葉は

-僕は君?君は僕?-

始めから僕は 運命を拒んだ
罪の意味を知っていたから
重ねて往く物は
何処からか聞こえる
君が歌う”真実の詩”

コメント

  • 個人的にルカ曲の中ではかなりのヒットなんだが、何故伸びない… -- 名無しさん (2010-11-06 14:16:54)
名前:
コメント: