glass


歌詞

ピアプロより転載)

指先さえ見えないほど酷く霞む空は
幻さえ見えもしない 歪に歪んで
壊れるほど壊れるほどこの手を伸ばしたって
届きはしない陽炎だけそこに広がって

光の中ねぇ口づけで触れてほしい
天使の羽もし汚れても

抱きしめて 抱きしめて 硝子越しの空の下で歌って
零れる光の波 現実(いま)さえも全てを包み込んで Ah...


胸を刺す幻想(いたみ)がまだリアルに響いてるよ
夜明けなんて見えないほど眩暈が続いて

硝子の空 あの日と同じ透き通って
傷だらけの心のように

きらめいて きらめいて 刹那の中幽かな光求めて
今でもあの日のまま 変わらない夢を見続けている Ah...


きらめいて きらめいて 刹那の中幽かな光求めて
今でもあの日のまま 変わらない夢を見続けたまま

抱きしめて 抱きしめて 硝子越しの空の下で歌って
グレイの空の隙間 一筋の光をどうか見せて Ah...

コメント

名前:
コメント: