ハートに描いたアルカディア

はーとにえがいたあるかでぃあ【登録タグ: GUMI 夏空P

作詞:あきてる
作曲:夏空P
編曲:夏空P
唄:GUMI

曲紹介

  • 夏空P の7作目。
  • いつもと違ってロック系(?)です。(作者コメ転載)
  • 歌詞を あきてる氏 が、イラストを touno氏 が、動画を piro氏 が手掛ける。

歌詞

ハートに描いたアルカディア
奥底の世界で 心振るわせて

乗り捨てた ままだったいつかの願いは 錆付いたまま
いつも同じように 瞳の奥底に いてくれた
恥じらいも 戸惑いもなりふりかまわず アクセルを踏む
ギシギシいいながら ガタガタゆれながら 動き出す

蒼き日の がむしゃらさを 呼び覚ますのは風のいななき
思うまま 感じるまま 夢の先まで加速度を上げて

ハートに描いたアルカディア
もういちど目指そう 馬鹿と呼ばれても
流線型した心抱いて なにもかもぶち抜きながら 行くんだ

黄昏が 飲み込んだ街の輝きは ノスタルジアで
戻れない時間が 遠くなる記憶が 突き刺さる
これからを これまでの空が霞むほど 彩り添えて
駆け抜けたらきっと 飛び越えたらきっと 虹になる

陽が落ちる 街が眠る スターダストが流れて消える
ありふれた その景色が はじけるほどの加速度を生むよ

ハートに描いたアルカディア
果てしなく遠くて いつもすぐそばで
流線型した心抱いて 悲しみも味方につけて 彼方へ
飛び込め 願い呼ぶ方まで

ずっと聴こえる 歌に耳澄ます 優しくて儚いメロディ
下手くそでも 声を響かせた あの頃の自分が見えた

ハートに描いたアルカディア
なんどでも目指そう 馬鹿と呼ばれても
流線型した心抱いて なにもかも布石に変えて 未来へ
羽ばたけ そして疾風(はやて)になれ
ほら歌が聴こえる ほら未来が響く

コメント

  • 良い歌!耳に残るww PVすげェ -- みー (2011-02-02 19:21:33)
名前:
コメント: