右手に傘を

みぎてにかさを【登録タグ: KAITO しえいか ひなた春花

作詞:ひなた春花
作曲:しえいか
編曲:しえいか
唄:KAITO

歌詞

作者ホームページより転載)

傘を刺す、何処に?
あの低い雲に
開けた穴はちょうど
ひとり通ることができる

雨雲の中に
大切なきみが
囚われているんだ
ぼくが今助けにいくよ

雷鳴が轟き
行く手を阻もうと
心の行き先は
ずっときみを目指している

きみが泣いている
あんな遠いところで
ぼくの声は雨が
悪戯に消してしまった


さっきより、雨が
勢いを増して
ぶつかってくるから
目も開けていられないけど

聞こえるよ、きみの
泣き声が傍で
どこにいるのきみは?
ぼくは今迎えに来たよ

悴み(かじかみ)頼りない
指先の感覚
必死に伸ばして
ようやく掴んだきみの手

ここから逃げよう
遠い帰り道だけど
この手は離さない
一緒に家へ帰ろう


きみを守る唯一の武器
空と同じ灰色の傘
見た目は少し頼りない
そんなところもぼくに似ている


右手には傘を
頼れる味方だから
左手にはきみを
ぼくの大切な人だから

コメント

  • ひなたさん新曲!! -- ちなは (2011-02-02 18:10:08)
  • ひなたさんの曲がカイトでビビった…… -- みゃー (2011-08-02 17:35:49)
  • ようつべにはうpされてない… カイトVer.聴きたいよー -- 名無しさん (2013-08-17 00:57:45)
名前:
コメント: