空に告げた夢

そらにつげたゆめ【登録タグ: このり 初音ミク

作詞:このり
作曲:このり
編曲:このり
唄:初音ミク

曲紹介

  • 誰かに言っている言葉が、実は自分自身に言ってほしい言葉だったりすることって、けっこうあると思います。(作者コメ参照)
  • メインは無印であり、Appendは味付け程度にしか使われていない。

歌詞

ピアプロより転載)

君があんなに大切に抱き締めていたものが 今は
離ればなれで 寂しそうに凍えているよ
君の両手の あの熱が消えてしまわぬうちに
はやく 思い出して 君が本当に願ったこと


1秒と2秒の間
置き去りで忘れているの 

涙を落とした時でさえ
その手で暖めていたでしょう?
あの夜も

君があんなに大切に抱き締めていたものが 今は
離ればなれで まだ君を探しているよ
君が抱いてた君の夢は君じゃなきゃダメなの
だから 思い出して 君があの夜に願ったこと


手のひらの 過ぎた1秒
もう少し見つめてあげて

どんなに傷を付けられても
その手は放さなかったでしょう?
いつの日も

星が見えない夜を
恐れないで

君があんなに大切に抱き締めていた夢が 今は
離ればなれで 寂しそうに凍えているよ
君の両手の あの熱が消えてしまわぬうちに
はやく 思い出して
あの星に告げた君の夢を

涙は預かるから
まっすぐ見て
その手にあるものを

コメント

  • この曲すごい好き! もっと評価されるべき -- 名無しさん (2011-04-16 12:57:34)
  • 何故伸びない…ッ -- 砂夢 (2012-08-29 03:59:58)
名前:
コメント: