少女虚構幻想論

しょうじょきょこうげんそうろん【登録タグ: 夕闇P 鏡音リン
作詞:夕闇P
作曲:夕闇P
編曲:夕闇P
唄:鏡音リン

曲紹介

  • 今回、原点近くにもどるという意味もこめて、久しぶりにoblive~みたいな中ニソングを作ってみました。
  まぁ実際は、中二の皮を被った、アレとかソレをdisる歌なんですけど。
  ・・・規制規制と言われる昨今、もっとやるにもやりようが、とか他にやるべきことが、とか色々思うんですけどね・・・。(作者コメ転載)
  • 曲中の一部のノイズは、作者の意図による仕様。

歌詞

漂う幻想の 切れ端を掴んで
妄想の檻の中逃げ込んだ
どこにも行き場のない 湿った感情を
ささくれた正論でねじ伏せた

カミサマの 生まれ変わりと嘯(うそぶ)く人は言う
この世は呪いに満ち溢れていると
夢を落とした 偽善者に問う
指し示す先に 光はあるのかと

虚飾にあふれた世界に虚構で彩りを
歌う声 剣にして振りかざした
夢を否定し 夢に溺れている
そんな人と踊る気はないわ

煤(すす)けた仮面に 自由を求めて
歪(いびつ)な笑顔をただ描いた
いつしかホコリまみれの 檻の外側から
見えない人影が笑っていた

カミサマの 生まれ変わりと嘲(あざけ)る人は言う
私の言葉こそ正義であると
欺瞞にあふれた 勝利者に問う
進む道踏みにじっては嗤(わら)うのかと

虚栄にまみれた聖者に言葉の鉄槌を
歌う詩 刃(やいば)にして振りかざした
勇者を気取って 力に溺れている
そんなワガママ 付き合う気はないわ

『さあ現実を歌いましょう?』
頂から降る高説につばを吐き
哀にあふれ 泥をすすり 少女は言う
『だからこそ歌う虚構の歌を』

虚飾にあふれた世界に虚構で彩りを

虚栄にまみれた聖者に言葉の鉄槌を
歌う詩 刃(やいば)にして振りかざした
夢を否定し 夢に溺れている
そんな人と踊る気はないわ

コメント

  • ハイスピードな曲とリンの声がマッチしてかっこいい、夕闇Pらしい良曲です♪ -- Xecil (2011-05-14 12:27:12)
名前:
コメント: