雪兎

ゆきうさぎ【登録タグ: toya 鏡音レン
作詞:toya
作曲:toya
編曲:toya
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 今年は兎年ということで、兎をテーマにした曲で一年の幕を開けたいと思います。\内容はいつもと同じです!/(作者コメ転載)
  • イラストは 架月氏 の描き下ろし。

歌詞

言葉を求めるには臆病すぎた瞳
そこに映る景色は雪よりも白い孤独

兎は寂しいと死んでしまうらしい
命尽きることより、生きている方が怖い

うさぎ うさぎ 何見て跳ねる
今宵、月の無い夜だって
うさぎ うさぎ 誰見て逃げる
体温(きみ)に触れたら溶けてしまう

「落ちては巡る星が馳せる風車を押して
僕の欲しい何かを届けてくれるかも」

夜の篭(かご)の中で学んだ自由の意味
次の朝を越えたら何処へ向かうのだろう

うさぎ うさぎ 何見て跳ねる
眠れないでいる窓の外
うさぎ うさぎ 誰見て逃げる
終われない夜の麓(ふもと)

うさぎ うさぎ 何見て跳ねる
無垢で寡黙な喉を鳴らして
うさぎ うさぎ 誰見て逃げる
追いつかれて泣いてしまう

うさぎ うさぎ 何見て跳ねる
今宵、月の無い夜だって
うさぎ うさぎ 誰見て逃げる
体温(きみ)に触れたら溶けてしまう

コメント

  • 作成GJ!可愛いのにかなしくて、綺麗な曲だ・・・ -- 名無しさん (2011-01-08 23:55:20)
  • 綺麗だ・・・ -- 名無しさん (2011-06-15 21:04:20)
名前:
コメント: