夕景、鈍る音

ゆうけい、にぶるおと【登録タグ: かもしか 鏡音リン
作詞:かもしか
作曲:かもしか
編曲:かもしか
唄:鏡音リン

歌詞

夕暮れ、残像、滲む空に
溶ける、今は、「ふわり」消えるの

夕暮れ、世界、言葉なぞる
触れた声を連れて 走る

通る雨に揺らぐなら 心を引き裂いてよ
ゆっくりと鈍るなら 響かせてよ

他愛の無い日々の中に 色を付けて進む
加速させて遠くまで 今は何も見えないな…

夕暮れ、赤く、濁る思い
歪む音はどこまで行ける?

かすんでいく視界さえ 塗り変えてよ!

くだらない感情のために 世界を汚す嘘が鳴る

通る雨に揺らぐなら 心を引き裂いてよ
ゆっくりと鈍るなら 響かせてよ

いつからか見えなくなった 美しい世界へ
届くように遠くまで
「ありのまま」で良い 叫ぶの

コメント

名前:
コメント: