神様の森

かみさまのもり【登録タグ: ブンガP 初音ミク

作詞:ブンガP
作曲:ブンガP
編曲:ブンガP
唄:初音ミク

曲紹介

  • アルバム『スピニング・ロータス』からのシングルカット。
  • ミクの声はAppend DARKを使用している。
  • 神様の森というのは、自然のままにいきる人たちの社会を意味します。伝統的な人のつながりです。
    時代とともに変化せざるをえない、こういった社会の中で、どうやって生きていったらいいのか、混乱の中を勇気を持って進んでいくにはどうしたらいいのか、それが主なテーマです。(作者ブログより)
  • 作者ブログにて曲解説が掲載されている。

歌詞

作者ブログより転載)

なにかが なにかが起こっているよ

何かが

どうしよう どうしよう 涙が止まらないよ

なにが

何が起こっているの? 子供たちが泣いている
カミサマ どうなってしまったの?

父さんは狩にでかけたまま
獲物の姿を忘れてしまったの
帰り道を知っているはずなのに
どうして帰ってきてくれないの?

母さんが石になったよ
呪いが放たれたんだ
言葉の魔法が壊れそうだ
早く 早く帰ってきて

涙が止まらないよ

森が消えてゆく 神様のくれた森
夜が来る前に火を起こしておいて
きっと気付いてる
少しの間旅に出るよ
どこかに残されてる火種わけて貰いに行く


みんな 風が呼んでる
私は旅に出るよ

聴こえてる 歌声が 

いい歌だ いい歌ね

みんな聞いて 聴こえてる

祖神様はどうしてた?
そう、どうしてた?

昔の暮らしはどうだった?
どんなだった?

夜があけるまで誰と過ごせばいい?
寒い夜をどうやって越えるの?

みんな 私は行く
みんな 何処かちがう場所にいくよ

声のない言葉が交わされたんだ
言葉の魔法が壊れてゆくんだ

呼んでる 呼んでるよ
朝の風が 歌を運ぶ
呼んでる 呼んでるよ
歩き出そう 夜明けの星
歩こう 歩き出そう
歩き出そう 風に向かい・・・


コメント

名前:
コメント: