きみのうみ

きみのうみ【登録タグ: かんぱねって 初音ミク

作詞:かんぱねって
作曲:かんぱねって
編曲:かんぱねって
唄:初音ミクAppend(dark)

曲紹介

  • かんぱねって氏 の2作目。
  • 海っぽい曲に出来上がってたら嬉しいですがどうでしょう(゚O゚)もしかしたらヒーリング系みたいなのを目指してたのかも知れません。
  イージーリスニングのような感覚で聴いていただけると嬉しいです(^^)(作者コメ転載)

歌詞

一人掬(すく)った水の零れるのを眺め
玉響(たまゆら)の淡い夢のよう
青く優しい波の飛沫(しぶき)に包まれて
言葉もいらない世界へ 沈む

生まれたくないの?
心が命の鼓動を拒むの?
暗い底で眠る君を
誰が見つけ出してくれるの?

響け 君が流す涙のかすかな音
いつか海を覆って
届け 僕ら弱さ隠して生きてきたとしても
明日は巡る

やがて 夢が壊れ誰も沈む君の手
引いてくれなくても
僕は 君が祈る声のかすかな音
きっと見つけ出すから

どうか 泡のように消える言葉ひとつ
僕に届けて欲しい
風と 魚達と共に海を流れ
安らかな眠りへ 沈む

コメント

名前:
コメント: