The Witch

【登録タグ: NanahoshiP T 初音ミク

作詞:NanahoshiP
作曲:NanahoshiP
編曲:NanahoshiP
唄:初音ミク

曲紹介

むかしむかしあるところの、とある魔女のおはなし。
  • 動画のタグにもある「衝撃のラスト」は視聴の価値あり。
  • イラストを悠月リリィさんが、動画をrさんが担当している。

歌詞

あるところに女が一人 光差さぬその森の奥
その瞳に何色を写す? 魔女と呼ばれながら

少女は貧しい歌うたい 両親を亡くし
病に倒れた恋人を 救う術も無い

いつか彼が語ってくれた お城の騎士になった夢
救い求め神に祈れど 返す声も無く

噂に聞く魔女の隠れ家 光差さぬその森の奥
血だらけの手と足を引きずって 少女はただ走る
あるところに女が一人 いつかの記憶が蘇る
その瞳に何色を写す? 悲劇が回りだす

少女の声と引き換えと 女はそう言った
「不幸を生むような願いしか 魔女は叶えない」

「彼が無事に助かるのなら 他には何もいりません」
寂しそうな目をした魔女は そっと手をかざす

あるところに男が一人 病魔の淵から蘇る
村人たちは喜び合った ああ神の慈悲だと
あるところに少女が一人 声を失った歌うたい
だけどそれでも幸せだった 彼がそばにいたから

ある新月の夜 彼は歩き出した
「ありがとう神様 最期の時間を」
「僕は騎士になります 彼女の騎士になります」
「彼女の声をきっと 命に代えてでも……」

彼はたどり着いた 魔女の隠れ家へと
彼は剣を抜き 女に突きつけた
「私を殺したなら声は戻るけれど」
続きも聞かずに彼はその剣を……

「君の歌を取り戻せれば 他には何もいりません」
無くしたはずの彼女の声が 辺りに響いた……

血だらけの手も思い出さえも 洗い流してく雨の中
たったひとつその人影だけが ただ立ち尽くしていた
あるところに女が一人 光差さぬその森の奥
その瞳に何色を写す? 魔女と呼ばれながら

コメント

  • 衝撃的なラストだった? -- 名無しさん (2011-03-02 21:20:10)
名前:
コメント: