百合と流星群

ゆりとりゅうせいぐん【登録タグ: wataru 初音ミク

作詞:wataru
作曲:wataru
編曲:wataru
唄:初音ミク

曲紹介

  • ちょっぴり悲しい、でも元気の出る曲をつくってみました。(作者コメ参照)

歌詞

ピアプロより転載)

一人きりで見上げた夜の空は
星の光さえなくて吸い込まれそう

昨日まであんなにも輝いてたのに
今日はどうしてこんなに深い闇に染まる?

*僕らはどうせ消えてゆく
  儚く散っていく流れ星に
願いをかけるなら今しかない
  この夜が明ける前に・・

全てを失くした日は生きてく意味を
ずっと問いかけ続ける気づいてるよね?
「きっと朝が来る」なんてバカバカしくて
それならこの夜に咲く百合の花のように

*僕らはどうせ消えてゆく
  それなら凛と前を見つめてて
そんな君なら強くなれる
  朝焼けを見つめながら

 すぐに消えたあの日の夢
 希望。笑顔。それは残酷に自分自身を縛り付ける

 朝が怖かった。泣き顔を見られるから
 今、涙に明日が反射してる・・

迷い悩んだ時が必ず君を強くする
その心にいつまでも流れ星が輝くなら

この夜に一瞬でも
  光の粒だけでも残るなら
消えてしまっても悔いはない
あの流れ星のように

まだまだこれからのはずでしょ?
消えていく運命なら最後に
幾千の願いをかなえましょう!

百合と流星群

コメント

名前:
コメント: