オモイデザクラ

おもいでざくら【登録タグ: NanahoshiP 鏡音リン

作詞:NanahoshiP
作曲:NanahoshiP
編曲:NanahoshiP
唄:鏡音リン

曲紹介

  • NanahoshiPのデビュー作。

歌詞

ピアプロより転載)

通い慣れた道の桜の木の下
振り返ればあの日のあなた微笑んでいる気がして

一片の花びら 手のひらに落ちた
思い出ごと 消えちゃいそうで ぎゅっと強く握り締めた

桜の花が咲くころ あなたに出会って
桜の花が散るころ あなたに恋した

恋のときめき 泣き明かした夜 咲いた花は いつか散り行く
あなたがくれた言葉さえ いくつ忘れてしまったのだろう?

散ってゆく桜の花びら数え 無くした思い出にただ涙する
帰らぬ二人の面影を 木陰に探しているオモイデザクラ

あのころの二人は 思いもしなかった 
季節は巡り 花は葉になり やがては枯れて行く事を

桜が緑に染まるころ 誓った約束は
桜に雪が積もるころ 儚く砕けた

「君の思い出ずっと忘れない」 別れ際に交わした言葉
その言葉の本当の重さ あなたは何もわかってなかった

私を幸せにしたあの笑顔 何よりも大切だったはずなのに  
あの瞬間の私の気持ち 今の私にはもう思い出せない……  

桜の木が風に揺れ 笑った気がした
戻らないあなたの声で 笑った気がした

恋のときめき 泣き明かした夜 散った花は 戻らぬけれど
思い出せない言葉さえ ちゃんと私の中に芽吹いてる

散ってゆく桜の花びらの向こう 無くした数だけきっと明日がある
あの日の二人もいつの日か 新しい花咲かせるオモイデザクラ

コメント

名前:
コメント: