間に合わなかったクリスマスソング

まにあわなかったくりすますそんぐ【登録タグ: くるぶしP 鏡音リン

作詞:くるぶしP
作曲:くるぶしP
編曲:くるぶしP
唄:鏡音リン

曲紹介

クリスマスに大切なのは、どんな形であれ「自分のクリスマス」を大切に過ごすことだと思います。それぞれに、それぞれのクリスマス。
  • くるぶしP の9作目。
  • クリスマスソングを作ろうと頑張ってくれた君、確かにクリスマスには間に合わなかったけど、僕は今まで作ってくれた歌が好きだから…というストーリー。(作者コメ転載)
  • イラストは nonoko氏 の描き下ろし。

歌詞

23日の夜 君は泣いていたね
書きかけの五線紙を ぎゅっと握りしめて

あたたかいコーヒーを 二人で飲みながら
君は窓の雪を見て ふっとためいきをつく

だけど僕は 持っているんだ 君がくれた宝物
今日のために歌えるならば どんな歌でもいいよ

君のメロディ 僕の歌声
ひとつになって 思い出に変わるよ
だから今日は ありがとうの
気持ち込めて この歌うたうよ

クリスマスケーキよりも 派手な飾り付けよりも
どんな贈り物よりも ずっと大切な物

そうさ今まで 君が作ってくれた歌が好きだから
今日は僕が 心を込めて 君のために歌うよ

君の笑顔と 僕の気持ちが
ひとつになって 幸せ感じるよ
この先ずっと 忘れられない
今日の夜に Merry Christmas

君のメロディ 僕の歌声
鈴の音色 教会の鐘と
僕らの笑顔 ひとつになれば
どんな歌でも Merry Christmas

歌があれば 幸せになる
そうさそれが 僕らのクリスマス

コメント

名前:
コメント: