Routine > 雨傘P

【登録タグ: R 巡音ルカ 雨傘P

作詞:雨傘P
作曲:雨傘P
編曲:雨傘P
唄:巡音ルカ

曲紹介

  • ひとつの幸せの在り方。…同時にひとつの不幸の在り方。(作者マイリスト参照)

歌詞

ピアプロより転載)

いつもの朝がきて 日が昇れば
のぞく窓の外 霧の海で
ぼけた白の世界は 今日もまたやさしくて
おだやかな一日が 静かに動き出す


時計台の鐘 時を告げる
白い文字盤は 見えないけれど
毎日の繰り返しは いつまでも続きそう
そんなことはないのだとわかっているのだけど


親しい出来事が 満ちあふれて
変わらない日々に 安心する
なんでもないひとときが こんなにも大切だなんて
知らなかった昨日は今はもう彼方に


いつでも未来は不確実で
這い寄る不安に息が詰まる
平穏な日々にいつか おしまいがくるのなら
新しい明日なんて永遠に来なくていい


いつもの夜がきて 日が沈めば
ぼやけた街角に 灯りにじむ
鈍い灰色の世界に そっと語りかけるよ 
この日常がずっと続きますようにと

(Hum...)

コメント

名前:
コメント: