ローレライの衣

ろーれらいのころも【登録タグ: GUMI こみね はいのことん 夏空P

作詞:はいのことん
作曲:夏空P
編曲:夏空P
唄:GUMI

曲紹介

  • 夏空P の11作目。
  • 今回はいつもに増してトラップがあるかもですよ。(作者コメ転載)
  • 聴きやすいラテンジャズなサウンドとアダルティックな意味を含ませた比喩的表現の歌詞。
  • 歌詞を はいのことん氏 が、イラストを こみね氏 が、動画を piro氏 が手掛ける。

歌詞

優雅なクルージング 水平線の彼方
黄砂は吹き流れて オードブル汚(けが)すよ

希少な黄金で めかしたオクトパスは
波間に痕をつけて 泡沫(うたかた)に消えるの

万国を濡らしたテクニック 今宵魅せて
薄紅のショーツを剥ぎ取る僕は

華やかな操舵 はじける美酒と
二枚目の舌で虜にされた
君への忠義を捧げる屑さ
異国の毛色よ 形のよい乳房よ
ローレライのシャツを織る女

チープなブルージーン 磨り減る膝のように
硬貨の裏表が 嘲笑うさだめよ
一夜の千金に 溺れる男たちは
紙切れ握り締めて 喜憂する衆愚よ

海上に響いたシンフォニー 清聴して
貝殻にナイフを突き立たせれば

隠し撮る活動写真(フィルム) 晒した恥部と
艶めく罵声に発砲しそうだ
並んだチェリーも 差し出す初心(うぶ)さ
うなじの香りよ さわりの良い乳房よ
ローレライのシャツを織る女

さあ、あの花びらの舞う 都市へ夢を乗せて
心(heart)の傷(hurt)も癒えるかもね

華やかな操舵 はじける美酒と
あやかしの瞳 骨を抜かれた
君への忠義を捧げる屑さ
異国の毛色よ 形のよい乳房よ
ローレライの ローレライのシャツを織る女

さよなら我が母国よ
ローレライの 貴女は
ローレライのシャツを織る女

コメント

  • ボサノバ調でさわやかな感じなのに、歌詞がちょっとエロいのが妙に心地よい♪ -- emi (2012-06-18 19:56:37)
名前:
コメント: