茜色の夜明け

あかねいろのよあけ【登録タグ: MEIKO 伝説のミクルンルンP

曲紹介

  • 伝説のミクルンルンPの曲では他に比べればまともに見られる方か?

歌詞

茜色に染まり始めた夜明けの空
目の前に広がっている何もない荒野
それでも私は歩き出す歌を友として
遥かなる明日を求めて歩み続ける

やがて陽が昇り青い空が見えてくる
緑のネギが大地を潤して
黄色いロードローラーが街を作る

そしていつか私のことは忘れ去られるだろう
だけどホラあなたの下に私の道がある

今はとても手の届かない夢だとしても
信じれば必ずきっと願い叶うから
そうして私は歩いてく歌を口ずさみ
いつか来る明日を信じて歩き続ける

たとえ雨が降り厚い雲が覆っても
茨の壁が行く手をふさいでも
私はただひたすらに前へ進む

歩くごとに疲れ果てて立ち止まりたいだろう
だけどホラ歩んだ後に道ができている

茜色に染まり始めた日暮れの空
目の前に広がっている真っ黒な世界
それでも私は歩いてるただ歌いながら
限りない明日に向かって歩み続ける

やがて陽が落ちて暗い空が見えてくる
夜のとばり大地を覆いこみ
静かに人々は眠りにつく

そしていつか私の旅も終わりを告げるだろう
だけどきっと笑顔一つを残して逝くだろう

コメント

名前:
コメント: