Stockholm syndrome

【登録タグ: S ゆずひこ 初音ミク

作詞:ゆずひこ
作曲:ゆずひこ
編曲:ゆずひこ
唄:初音ミク

曲紹介

初めて君を見かけた時から僕の体は熱にうなされる毎日でした。
ブラウン管越しでもわかる君のきめこまやかな白い肌や
隠し切れない品性はひたすらに僕を夢中にさせました。
どうしてあの日、下らないテレビなど見ていたのか自分でもわかりませんが、
きっと君に出会う為だったのではないかと今でも思います。

歌詞

まるで鳥と猫の交尾のように 『恋』してしまった
君の一番目の理解者に 僕はなりたい
本当の声はまるで 別人のようにか弱い女の子
あれれ僕『更にね』『君がね』 好きになったよ

テレビの中の醜い君 隣で眠る美し君

☆一目で運命 感じてしまっただけ
 君は必ず僕を愛してしまう
 逃がれること 出来ない赤い(運命の)
 小指に強く 結ばれてました

まるで戯曲みたいな 展開を期待してしまった
僕の一番の被害者に 君はなったね
紳士的に優しく振舞う 僕なら君のことを
一番に『大事に』『大事に』 扱ってあげる

泣き顔さえも美し君 僕を愛する醜い君

コロリと音がした 君が恋に落ちたの
僕の愛はようやく 届いたんだね
縄ほどいて君を 自由にしたら
愛を確かめ合いにいこうか

☆繰り返し

突然の別れが 二人を裂く
僕は手錠をされ 犬に噛まれた
君は言った僕を 憎んでいると
そんな嘘は つかないでマイハニー

コメント

  • 格好良すぎるだろこの曲!! -- 次郎 (2011-04-03 15:44:24)
  • すきーー!曲調がモロ好み -- 名無しさん (2011-07-27 01:26:07)
  • 歌詞が微妙に違うような…(´・ω・`) -- あむ。 (2011-08-12 17:46:47)
  • 別人のようにか弱い”女の子”ではなくて、”少女”なのでは? -- 万猫 (2012-01-04 07:38:20)
  • 僕の一番の被害者に→僕の一番目の被害者に に聞こえる -- 名無しさん (2013-11-06 03:04:14)
名前:
コメント: