堕天使の夢

だてんしのゆめ【登録タグ: めにP 初音ミク

作詞:めにP
作曲:めにP
編曲:めにP
唄:初音ミク

曲紹介

  • 巡り合わせを嘆いてみても仕方がないのです。
    そんな事は数多く在りえる話なのです。
    というようなお話の曲です。(作者コメ参照)

歌詞

一人歩いた あてもないままに 傷つき羽をちらした
心さえ 持たなかった私に 今宿る 不安と悲しみの夢

行き交う人々は 誰一人も私を 振り返る事は 無かった

でも貴方 一人だけ 私を見つけて
傷ついた翼を見て 悲しそうな目をした

この空の 下に舞い落ちた 堕天使と
時間の波に飲み込まれながら 手を繋いだ

永遠を知っていた私に 現世(うつしよ)の 流れる時の速さは
余りに急すぎた 何も残せなかった あなたを… 愛したかった

でも 何の意味も無いなんて思わない
傷つけてしまったね どうか泣かないで

この空の下に舞い落ちた堕天使は
何者にも成り切れずに 只貴方を見る
言葉に出来ない想いが胸をさす
今なら言えたのに おそすぎたね

この空の下で 出会えたあなたの 夢だけ 見続ける
私は幸せな永久に身を 委ねられたよ ありがとう
ごめんね…

コメント

  • この曲大好きなのに全然評価されていない、とても悲しいよ。 -- 名無しさん (2014-04-04 15:32:42)
名前:
コメント: