20


作詞:くろずみP
作曲:くろずみP
編曲:くろずみP
唄:巡音ルカ

曲紹介

「ボクの唄」
思い返してみればくだらないような人生だった、けど確かに歩んできた20年があった
  • くろずみP のオリジナル曲39作目。
  • 自分の20の誕生日ってことで作った曲です。どんな曲作ろうかいろいろ迷ったんですがそういやメロコアやパンクのような曲好きなのに
  やってないなと思い作ってみました。
  いろいろこれからキツイこととかあるだろうけど僕はずっと僕で在り続けていこうそんな思いです。(作者コメ転載)
  • タイトルは「20」なので、かなり前からルカに歌わせることだけは決めていたという。

歌詞

怠惰な時間潰しだけ 続けて紡いできた声
こんなに枯らした主張も 気づけばなんの意味もない
こんなもん投げ捨ててやると 何度も自分傷つけて
どうして現在時刻に 僕だけが居るの

大人とか子供とか全部
わかんない
ただ一つこの手の中
残った それが答えなんだろう

繋いできた今 僕の描いた夢は
見えない未来を願っていた
暗がりな気持ちと明るみな気持ちと
両方抱えて 辿り着いた
「20(Twenty)」

同じ質問をしては 同じ答えばかりだけ
そんなにいいもんじゃないと 周りは口を揃えてさ
こんなに退屈な未来 ぶっ壊してしまいたいと
無力な平穏主義者は 沈黙を曲にしていく

探してきた夢も 望んでいた場所も
拒んでいた未来も いつかのあの朝日も
みんな みんな全部 僕だけの物語
ほら それだけのことだよ

繋いでた声を 届けたい声を
君の元へ

紡いできた場所 僕の描く未来は
間違いだらけな理想だけど
それでもいいよ ただ伝えたい思いを
届けて繋いで 辿り着いた
「20(Twenty)」

コメント

名前:
コメント: