嗤う宵月

わらうよいつき【登録タグ: Rakushi 脱力P 鏡音レン

作詞:Rakushi
作曲:脱力P
編曲:脱力P
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 不思議テイストとリフレインに音を混ぜてみました。(作者コメ参照)

歌詞

今宵 痩せた月を見て
君を思い出すでしょう
はぐれた浮雲ひとり
行き場もなく漂う

ひらり ひらり 枯れ葉落ちて
嘆く 僕の 心 塞ぐ
いつか きっと 時が 来れば
そんな 夢を ずっと 見てた

どこへも行けず 立ち尽くす
僕のこと 宵月が 嗤った

このまま このまま 君を忘れられたら
僕らの 絆は 消えてしまうのでしょう

剥がれた指先抱いて
君の右手を想う
確かにあった温もり
今は思い出せない

はらり はらり 涙 落ちて
叫ぶ 僕の 心 濡らす
君の 笑顔 僕の ものと
そんな 夢を いつも 見てた

空を見上げて 泣く僕を
知らないと 宵月が 隠れた

このまま このまま 僕がいなくなるなら
二人の 出会いは 掻き消されるのでしょう
それでも 心は 君が欲しいと叫ぶ
僕らの 絆は 消えてなくなったのに

雲の隙間に 嗤う宵月

コメント

  • なんかしんみりくるねぇ・・・(´∀`)好きだ ぁぁぁ/// -- 獄音 (2011-11-01 20:45:20)
名前:
コメント: