ひまわり > うどんタイマーP


作詞:うどんタイマーP
作曲:うどんタイマーP
編曲:うどんタイマーP
唄:初音ミクAppend

曲紹介

  • なくしたものは戻らないけど、心の中にはいつまでも残ってる。(作者コメ参照)

歌詞

ピアプロより転載)

汚れた泥だらけのスニーカー脱ぎ捨てて
裸足で駆け抜けてゆく まるで子供のように

あの日を思い出したよ 幼き日々を
二人ではしゃぎまわった モノクロの記憶を

でも今はあの場所は モルタルの壁の中
高層ビル立ち並び 僕らは何かを失くしていくよ

見上げた空の下で 君と駆け抜けたひまわりの道の思い出
忘れないよ 夏の太陽 たまに降る雨も 海の風も
心の奥ではまだ生きているからね


今では消えてしまった 砂利道の上
走った淡い気持ちをたまに思い出すよ

かすんだスモッグの中で 花はもう枯れてしまった
もう二度と戻らない ひまわりはここには二度と咲かない

懐かしいあの風景も 夏のにおいも 虫の声も 消えていった
流れる時間の中で振り返ってみてよ
感謝の気持ちを 優しさを 喜びを 覚えてるはずだから


勝ち負けの中で競い合っていても
大切な場所を守らずには生きれない


見上げた空の下で 君と駆け抜けたひまわりの道の思い出
忘れないよ 夏の太陽 たまに降る雨も 海の風も
心の奥では…

コメント

名前:
コメント: