桜姫怪談

さくらひめかいだん【登録タグ: KAITO コカトリス 鏡音レン

作詞:コカトリス
作曲:コカトリス
編曲:コカトリス
唄:鏡音レン・KAITO

歌詞

ピアプロより転載)

月の光に照らされ光る
薄桃色の花の君は
散り行く時の中で確かな
鼓動を刻み続けている
寄せては返す不安に
荒れ狂う心の闇を叩いては
惑わせる
美しい妖怪



立てば芍薬 座れば牡丹
歩く姿は百合の花よ
古からの東洋の
美姫が住まいし桜塚



唇紅く染め上げ
長い漆黒の髪 風に揺らし
偽りの姿と知りながら
求めて止まず
憑かれて行く
昼の姿裏腹に
穏やかに咲き誇る
夜闇色に染まったら
いずる鬼(ヒト)の影が…




募るは慕情 繰り返す悲劇(うそ)
後にも先にも道は無し
時代を超えて幾千も
咲き乱れ続く鬼桜



立てば芍薬 座れば牡丹
歩く姿は百合の花よ
古からの東洋の
美鬼が住まいし桜塚

コメント

  • 歌詞が何とも言えず好き -- 名無しさん (2011-05-05 18:32:40)
  • この歌詞大好きだぁっ!!! -- リベロ (2011-05-05 18:49:24)
  • 歌詞イイ!!最高! -- ちゅちゅ (2011-08-24 15:43:15)
  • 歌詞・・・美しいにゃ 舞ってるにゃ -- にゃんじゅう (2012-09-18 11:59:23)
名前:
コメント: