幾千の星たち

いくせんのほしたち【登録タグ: TamJEN 初音ミク

作詞:TamJEN
作曲:TamJEN
唄:初音ミク

曲紹介



歌詞

ピアプロより転載)

窓に差し込む 月明かりに誘われ
微かに光る 夜空を見上げた
南のオリオン おおいぬ座のシリウス
瞼を濡らす 遠い日の記憶

春の息吹に 顔を出す草花たち
鳥は囀り 桜舞う景色
ふと手をかざせば どこまでも遠い空
蝉の鳴く声 揺れる夏の匂い

遥か広い宇宙の中で
たった一度だけのラブ・ストーリー
想い想う気持ちは募り
海と大地に 命を宿して

秋の夕暮れ 群れを成した赤とんぼ
森の楓は 赤色に染まる
朝の静けさと 寒さに身を震わせて
窓を開ければ 銀色の世界

巡り巡る奇跡の星は
絶えず一人その身を燃やして
移り行く季節の鼓動が
幼心の様に失われてゆく

夜空を舞う幾千の星よ
私が今出来る事ありますか
巡り巡る奇跡の星よ
どうかこのまま 私の側にいて


コメント

  • 神秘的な曲で聞きほれてしまいました曲もきれいで・・・シンプルだけど素敵な歌・・・、ひそかに評価されてほしいです -- 麻里亜 (2011-07-07 06:49:54)
名前:
コメント: