鏡の人形

かがみのにんぎょう【登録タグ: 初音ミク 逆光P

作詞:逆光P
作曲:逆光P
編曲:逆光P
唄:初音ミク

曲紹介

  • 自分でいられなくてやけくそになった人の話です。(作者コメより転載)
  • イラストは葉狼氏。

歌詞

ピアプロより転載)

雨にたたずむ視界
染みた絵画のように
ふき取る手は冷たく
黙る僕を写していた

いつのまでもいつまでも
唇は渇き
どうすればどうすれば
僕のものになる?

他人(ひと)の放つ針に刺さる
この惨めさこの悔しさ
君にも教えたい
いつか君に広げられた
傷の痕は今も癒えないまま


窓越し揺らぐ迷い
覆う笑顔の仮面
迫る視線は今日も
僕を凍てつかせてしまう

もがくたびもがくたび
唇は崩れ
足掻く度足掻く度
馬鹿らしくなる

他人(ひと)のように針を刺して
罵ること蔑むこと
出来ればいいのに
生ぬるい優しさなど
いつまでも邪魔な姿だから


滴る血は
誰のものなのだろう
殺された僕はもう
ここにいないままで…


ぼやけだした目の前さえ
零れだして浸りだして
解らなくなっても
傷の味は焼き付いてて
ずっとずっと忘れられないから

他人(ひと)の放つ針に刺さる
この惨めさこの悔しさ
君にも教えても
僕がただのゴミなのだと
示すだけのことになるんだろう

コメント

名前:
コメント: