きみがゆめのなかで

【登録タグ: APG550 GUMI ぽんや

作詞:ぽんや
作曲:APG550
編曲:APG550
唄:GUMI

曲紹介

(叶うならばまた君の夢で逢えますように)
  • APG550(あぺじ)氏 の14作目。
  • ボーマス16にてリリースの2ndアルバムに収録される。

歌詞

いっそ君のぜんぶが夢なら、
よかったのにな

ねえ、ずっと知ってたの?
「すきだ」って言葉さえ
「うそだ」って言わせてくれ

「でもね」って惑うのも
「だけど」って淀むのも
聞き 飽き 飽き 泣き 飽きた

繋いだ手、ぬくもりも濡れた頬も
伝う涙も確かに在る
きみと僕で重ねてきた時間(いま)
ここにあるのに

きみはもう往ってしまう

大丈夫、分かってるだろう
きみはもとの現実(せかい)に還るだけさ
このまま夢とともに溶解()けるのは
僕の方なんだ

永い(いま)から醒めるきみに幸多き(ゆめ)

コメント

  • 仕事早すぎw -- 名無しさん (2011-05-12 20:55:25)
名前:
コメント: