世界が嫉妬する夏

せかいがしっとするなつ【登録タグ: kossy 初音ミク
作詞:kossy
作曲:kossy
編曲:kossy
唄:初音ミク

曲紹介


歌詞

(ピアプロより転載)

夏の白い雲 焼けるアスファルト 照りつける 真夏の太陽

あなたの車の音が あの聞きなれた音 響いてる


この忙しい 都会の生活で 笑える日々を探して

ツマラナイ 日々を今壊して あなたと楽しく生きる 今


熱く照りつける太陽 真夏の海へ 

今あなたと手を繋いで 広がる青空 乾いた砂(広がる海)

波打ち際にいる君を ただ見つめている

あなたの呼ぶ声が (届いてる)

世界が嫉妬する夏へ


今も覚えてる 好みじゃないけど 気付いたらあなたが隣

朝から 五月蝿くて この人は会わないと 思ってた


どうでも良いこと 気に掛けてくれる あなたのその優しさが

好きだよ あなたはどうして?


私と居るのは楽しい?


熱く燃え上がる恋が あなたの胸へ

今あなたと手を繋いで

永久に続くと願っている(二人の恋)

夕日に黄昏る 君を じっと見つめている

あなたの肩に そっと (寄り添って)


あなたと二人朝日を待つ


人気のない海 静寂が訪れ・・・


この冷たい 都会の生活で あなたが居てくれたから

ツマラナイ 悩みはもう捨てて 自由に私は生きてゆく 


熱く照りつける太陽 真夏の海へ 

今あなたと手を繋いで 広がる青空 乾いた砂(広がる海)

波打ち際にいる君を ただ見つめている

あなたの呼ぶ声が (届いてる)

世界が嫉妬する夏へ

コメント

名前:
コメント: