レインダンス

れいんだんす【登録タグ: 初音ミク 葉山つばめ

作詞:葉山つばめ
作曲:葉山つばめ
編曲:葉山つばめ
唄:初音ミク

歌詞

ピアプロより転載)

あの朝は曇りで、まだ触れぬ微笑み
流れてゆくこの時間さえも創れない
現実だから

あの夜は大雨、まだ濡れぬ泣き顔
流れてゆくこの時間さえも満たせない
理想とはなんだろう

雨音に身を委ねわたしの手を取ってよ
堕ちる空が人を見下ろして
「この雨が過ぎるまで、わたしとレインダンスを踊ってよ。」
とわたしは言う

次の日は晴れたの、空乾く青色
流れてゆくこの時間だけがわからない
幻想だから


次に雨の日が来たら現実の時間が流れ
また雨の日が来たら現実が崩れてゆく
同じ様にこの時間さえも拭えない
雫は求め合う

雨音に身を委ね水面に消えてゆこう
映る空が悲しげに見えた
理想を以て現実を手放せるわけないでしょ
そうやって今苦しむとしても

雨音に身を委ねわたしの手を取ってよ
堕ちる空が泣いているのだと
「この雨が過ぎるまで、わたしとレインダンスを踊ってよ。」
とわたしは言う

あなたがそっと手を取った

コメント

名前:
コメント: