ひとりきり。

ひとりきり。【登録タグ: 初音ミク

作詞:
作曲:
編曲:
唄:初音ミク

曲紹介

3月にひとつの区切りを迎えた自分ですが、その時に思ったことをゆっくり振り返ってみました。

歌詞

ピアプロより転載)

重なるのは空想
白い頁
書き留めたらまた寂しい
琥珀色の世界に迷って、何処まで
進んでも戻ってもいいね

どこまでもどこまでも
希望だけで
……でも終わりを恐れてた

心でどこまでを往けるのかな
投げ捨てた鍵が輝くけど
ひとりきり、それでも歩いて
拾い上げる、ここにいた証を

織り成してはほどいて
二つの窓を
悩んではあの星を消そうと……

どこまでもどこまでも
なにもなくて
でも笑っていられたね

心はいつまでそこにあるかな
身勝手なままに歩き出して
ひとりきり、まだ見ぬどこかを
探している、生まれた証を

コメント

名前:
コメント: