あの公園のあった場所

あのこうえんのあったばしょ【登録タグ: かずくんP 初音ミク

作詞:かずくんP
作曲:かずくんP
編曲:かずくんP
唄:初音ミク

曲紹介

  • ふと通りかかったら思い出深い近所の公園がなくなってしまってたときに書いた曲です。(作者コメ参照)

歌詞

ピアプロより転載)

ボクらの明日を占うような秋の風
あの日ボクらは秘密基地から飛び立った
後ろは見ない一人で心に決めたけど 
また秋の風あの場所とボクをつなぎだした

夕日傾き沈む学校からの帰り いつも語り明かしたあの公園で
大人になることがただ怖かった 今が終わってしまうのが怖かった

季節はめぐり たくさん失ってはまた拾い集めて
怯えていても何も始まらない 夢を持とう 自分に言い聞かせた
友よ キミもそうだっただろう

ボクらの明日を占うような秋の風 
あの日ボクらは秘密基地から飛び立った
後ろは見ない一人で心に決めたけど 
また秋の風あの場所とボクをつなぎだした

アイツは同窓会には来れなかった 昇進して忙しくなったんだって
祝福したいけど素直にそうできなくなってしまった自分が嫌い

これからいくつもの夜を越えて 思い描いた自分に近づけるだろうか
わからない でも 
おぼろげだったけど確信めいたあの感覚 忘れたわけじゃない

立ち止まることを忘れてしまった大人たち
いつしか時はグラスの縁(ふち)から零れだした
後ろは見ずに気づくと景色変わっていたけど
また秋の風あの場所とボクをつなぎだした

キミは知っているかい? あの公園もうないんだ
時間を忘れたブランコ よく寝そべった滑り台
今は巨大なコンクリートの下
なんだか心まで埋められてしまったような気がして

ボクらの明日を占うような秋の風 
あの日ボクらは秘密基地から飛び立った
後ろは見ない一人で心に決めたけど 
また秋の風あの場所とボクをつなぎだした

また季節は変わり一人で別れを告げたけど 
素晴らしい日々を過ごすために歩き続けよう
分厚い雲が薄れて光が射したとき 
光に向かい自分だけの花を咲かせよう

コメント

  • 結構知られてない曲だけど雰囲気が大好き -- 野馬 (2012-10-30 19:26:45)
  • こういう成長と時の流れを感じさせる曲好き、一度消えた時はヒヤッとしたけど動画を上げ直しただけだったので安心した覚えがある。 -- I・ris (2012-12-12 23:21:48)
名前:
コメント: