カミサマノイウトオリ

かみさまのいうとおり【登録タグ: muu 初音ミク

作詞:muu
作曲:muu
編曲:muu
唄:初音ミク

歌詞

雨の降ったコンクリート 濡れた匂いと錆の色
迷い込んだ劇場舞台 煙草ふかし 彼はいた
「やあミモザ、ひとつためになる話をしよう 聞いていけよ。」
滔々と彼は語りを紡ぐ 葬列で流す涙のように

狼の皮を被った 愚かで臆病な羊の話
盲目の王様は茶毘に付された ガラスの靴は どこへ消えた?

☆カルマを背負って本に描かれた 神聖な旅路 愛しのマリア
 永遠なんかを義務付けられた 気の毒な存在ではけしてない

彼は一度溜息つく はるか遠のく雑踏
静寂の中カラスが叫ぶ 「思考の放棄は飽きたかい?」
両手ポケットに突っ込んで 見つかるはずないコインを探す
裏が出れば私の勝ちだ 表が出たなら覚悟をしよう

博物館は増殖し続け 収蔵品は二度死ぬ
あの娘は若すぎるし 老婆は年を取り過ぎていた

罪を犯す私達が 息をするのは誰の為
人が人を裁く価値は 何所にあるのだろう

残酷な今日を生きてゆくために 必要なものを 教えよう
いつかに夢見たあの砂浜は いつまで経っても見えなくて

☆繰り返し

コメント

名前:
コメント: