春月歌

しゅんげつか【登録タグ: hiroou 初音ミク
作詞:satoshi-T
作曲:hiroou
唄:初音ミク

曲紹介

  • (作者コメントより)ピアノを中心に和太鼓や笛を使って、日本的な雰囲気を作ってみました。
  • 桜の季節は終わってしまいましたが、古きよき日本の春の雅な心地をお楽しみくださいm(_ _)m

歌詞

(うたまっぷ.comより転載)

春の夜の 朧に映る 君の影

せせらぎに 水面に映る 月の影

闇の中 花にも似てる 薫りにて

身心は 文にもできずに ときめいて

  今 遥かな時の中 此処で二人 出会って
  ただ 清かに風吹いて 遮られる言葉を胸に秘めた夜──

優しげに 那由多に輝く 星達
 愛しさは 藍の闇に光る 満月

物憂げに 緑も溶ける 藍い闇

誇らしく 衣を明かす 蓮の花

明けよりも 季節が見える 藍い闇

もどかしく 朧を眺めて 春月歌

  桜の花 その蕾 膨らみゆくも 夢現
  薄紅色の兆しを 待ち遠しく 二人 眺め 更ける夜──

優しげに 那由多に輝く 星達
 柔らげな輪郭で見守る 満月

優しげに 那由多に輝く 星達
 愛しさは 藍の闇に光る 満月


コメント

名前:
コメント: