樂壇

がくだん【登録タグ: ねこぼーろ 初音ミク

作詞:ねこぼーろ
作曲:ねこぼーろ
編曲:ねこぼーろ
唄:初音ミクAppend

曲紹介

最愛なる君に、最高のデタラメを。
  • 前に出来ていた音源を、何時出そうかと考えていましたが、出させて頂きます。(作者コメ転載)
  • 「樂壇」というタイトル通り、歌詞には音楽関係の用語が沢山出てくる。
  • 歌い手である いわもと氏 との同時投稿企画。
  • イラストは すち氏 の描き下ろし。
  • CD『Present』収録曲。

歌詞

聴かしてよ そのパッセージ
不真面目な バリトン 弦楽隊

メトロノーム 切り刻んでゆく
メトロノーム 切り刻んで逝く
明日は 転ばない。

前奏ビルの下
妄想フルスコア
凍えるシュピーラー
光の中スローダウン

折れそうな心解いてく
生真面目な君の涙さ
まだ、まだ、
届かない樂壇
嗚呼。

何時もそうだ 僕は偽物で
彼(あれ)が本物で 僕は何者?
スリップする気持ち
戻して 戻して 0になって

気付けば 朝になって

完全なものを
目指したって僕は
消せないディスコード
消えたままのコンコード

生命の音が
生まれた色が
いま いま いま
聞こえる 気がする
ほら

じぶんひとり 生まれて消えてく
自分独り 生まれて消えてく
最後は 笑って。
ねえ ねえ ねえ

平均律崩壊
無調整で飽和
零れるミスノート
いつのまにか終わる

生命の音が咲いてく
ここに咲け 永久(とわ)に強く
歌うように、
ねえ。

コメント

  • 早いwww乙です!! 素敵な曲です´ω`* -- 名無しさん (2011-05-30 21:07:00)
  • 素敵!!いわもとさんもすきー -- 名無しさん (2011-06-04 19:51:06)
  • ロックとしての激しさとエンディング曲のような郷愁性と後ろ向きな虚しさがいっぺんに味わえる -- 名無しさん (2011-06-10 01:36:48)
  • 歌詞もいいし、なによりリズムが素敵だと思う!いわもとさんもかっこいい!もっとのびろー -- 名無しさん (2011-08-29 13:57:31)
  • 最高。゚(゚´Д`゚)゚。 -- 名無しさん (2013-10-15 20:54:36)
名前:
コメント: