白い部屋

しろいへや【登録タグ: toya 鏡音レン

作詞:toya
作曲:toya
編曲:toya
唄:鏡音レン

曲紹介

  • 美しいメロディに乗せ、鏡音レン(14歳)が思いのたけを歌います。

歌詞

PIAPROより転載)

温もりは
消えた瞬間凶器になって
僕の胸を剔るから嫌い
優しさは
一度触れたら麻薬になって
僕を離してくれないから嫌い

白い部屋で一人、独り
「外」の無い部屋で
太陽が黒い部屋で

突き放して
指を指して嗤って
「惨めすぎる」そういう目をしていて
もしあと一つだけワガママが効くのなら
空も世界も僕も
みんな、みんな
消えてしまえ


「こんなハズじゃ無かった」なんて
言えば言うほど
思えば思うほどに
痛いだけ

でも“幸せ”でいるよりは
傷つかない分、ずっと楽で良い

優しくしないで
抱きしめたりしないで
嫌そうな顔で
「邪魔だ。」と言って
僕の部屋にいるのは白だけでいいから
青も緑も赤も
みんな、みんな
死んでしまえ


優しくしないで
抱きしめたりしないで
近づかないで
やだ・・・行かないで
もう何もかもが分からない
分かりっこない
今も未来もボクも
みんな、みんな

死んでしまえ。

コメント

  • 何を言えばいいか分からない位感動共感 -- 名無しさん (2009-05-09 18:54:30)
  • なんだかすごく感動した… -- 名無しs (2009-06-10 18:03:37)
  • もっとのびろー。。。涙が止まらない…… -- 名無しさん (2010-11-07 21:35:16)
  • すごく泣けた -- 名無しさん (2011-06-19 15:00:14)
  • 共感しました -- 名無さん (2011-11-03 13:45:53)
名前:
コメント: