いつかみたそら

【登録タグ: LOSTMAN 初音ミク

作詞:LOSTMAN
作曲:LOSTMAN
編曲:LOSTMAN
唄:初音ミク

曲紹介

  • 唯一人だけが作り出せるもの「思い出」。
    あの時の記憶をいつか見た空に重ねて、明日の自分へ届ける歌。(作者コメ参照)

歌詞

ピアプロより転載)

遠回り 何を探すの
形ある物や意味じゃないけど
覚えてる あの時のことを
最後に奇跡を信じたのはいつ?

何度でも思い出して
「たからもの」は心にあるから

あぁ空…
いまあの日に染まって
想いは胸の奥で
揺れてるこの懐かしさは
遠くへ 時を越えて


写真には残せないもの
枯れた約束は強がりだった
止まらない風に運ばれて
本当の気持ちでいられたのはいつ?

もう一度歩き出して
空はどこにいても見られるから

あぁ…幼い日々の輝きを
呼んでる 声は遠く
どれだけ離ればなれでも
どこかで輝くから

通り雨やんだ空に
必ず虹がかかるはず

あぁ空…
いま鮮やかに染まる
全てを青く…

あぁ…
言葉にできないほど遠い
あの雲越えて行けば
今まで見た景色たちは
変わるよきっと

出会いのたび 笑顔のあと
涙のあじ 別れのとき

見えないもの掴みたくて
追いかけてた だから進める

春の風 夏の雨も 秋の日差し 冬の夜も
季節はまた繰り返して
記憶を乗せいつかみる空へ運ぶ

コメント

名前:
コメント: